本当に地震に強く高性能な建物

いよいよ「鉄筋コンクリート組積造」の世界が始まります。
国土交通省告示「鉄筋コンクリートブロック組積造」RM工法が平成15年4月28日付で公布されました。

5階建て実物大の耐震実験棟
5階建て実物大の耐震実験棟

RM工法とは 英語で補強された(Reinforced)、組積造(Masonry)の頭文字をとっての略です。

旧建設省(現国土交通省)建築研究所を中心として日米共同の大地震耐震実験研究の成果として開発された建築工法です。 

 

工場で生産される高品質の型枠ブロックを使用して組み立てた 壁の内部をコンクリートで固めた構造で、鉄筋コンクリ ート造の一種です。

 

下記の資料が示すように木造建築と比べ全ての性能について圧倒的な高評価です

優れた建築工法で戸建住宅はもちろんアパート、店舗、事務所、公共施設等で建築実績があります。

実証された『耐震性』『耐火性』

一般の木造住宅では実施しない緻密な構造計算を実施し箱型の壁面耐震構造ですので地震に最も強い施工の建築物です。


隙間のない壁面構造


一般的な在来木造軸組構造

実証された『高耐震性・高耐火性・高耐熱性』地震研究の先進国アメリカとの共同研究において巨大地震に耐えうる工法として開発されました。

写真は1995年1月阪神大震災で大打撃を受けた神戸市東灘区で、近隣の延焼火災により焼け残ったRM建築物

火災の為に汚れ、窓は壊れていますが、基本構造には亀裂すら入っていません

構造的に鉄筋コンクリート造とほぼ同等の構造性能を持っているために、耐震性に優れています。

コンクリートは熱に強く燃えないのも大きな特徴です。

★49.8万円の豪華仕様とNEWシリーズ★

経済的な『高耐久性』

木造住宅は、紫外線などの影響で外壁は5年ほどで劣化が始まります。雨の侵入を防ぐコーキングも5年の寿命で定期的な保守で高額な費用がかかり、更には多湿を好むシロアリの被害も多いのも家の価値を一挙に縮めてしまいます。RM造では、外壁は高密度のコンクリートですので劣化もなくコーキングは一切使用しません。
また躯体に木材は使用しませんのでシロアリ被害の可能性もありません

劣化した外壁サイディング

 

売却の場合もRM造と木造ではその査定は下記の耐用年数からも圧倒的な査定額の違いも生じるのも現実です。

RM造では、厳格な品質管理のもとでの高強度、高密度の型枠ユニットを使用するため、防水性が高く内部への浸水を防ぐ為コンクリートブロックの中性化速度が遅くなるため壁面の高度な「耐久性」を実現しました。

劣化しボロホロになった外壁コーキング

 

科学技術庁「ライフサイクルエネルギーに関する調査研究」資料によると住宅建築の寿命に関する調査(耐久性)の結果、下記の耐久年数が発表されています。

◯木  造:25~50年
◯RC造:30~60年
◯S   造:30~50年
◯RM造:100年~300年

高温多湿の日本、宮崎県で木造は弱い反面、RM造は耐久性においても最も適した構造物といえます。

★49.8万円の豪華仕様とNEWシリーズ★

 

『高防災性』のシェルターとしての家

気象庁や研究機関などの発表によると日本も近い将来「スーパー台風」と呼ばれる超巨大台風が頻繁に襲来する可能性が高いとの予測が発表されました。

従来の木造住宅は雨風に大変に弱くスーパー台風での風速20m/sで飛来物が外壁に当たれば容易に貫通します。

また風速40m/sともなれば家ごと飛ばされる程の被害も予想されます。

 

スーパー台風は風速70m/sですので想像を超える被害が木造建築物には考えられます。

下記の画像は平成27年にフィリピンに上陸したスーパー台風の被害状況です。

木造の建物は殆どが吹き飛ばされて無残な瓦礫の山となってしまってます。

 

BM造建築物は、分厚いコンクリート製の躯体ですので風雨にはビクともしません。
津波災害でも重厚な本体で床下の空間もなく浮力が発生しませんので流されることはありません、まさに防災性の高いシェルターとなります。

類を見ない『高気密・高防音・高静粛・高快適性』

音の伝導率は物の密度と重さに比例します。RM造は分厚く高密度の壁で騒音を遮断し、静寂の中での快適さと部屋の内外、家の内外のプライバシーを確保できる空間を提供しまます。

高い『保温性』の本格エコ住宅

内壁が高密度のブロック壁になり、この壁が熱を蓄えます。その為に少しの暖房で暖かい室温をキープ。夏も僅かな冷房で、内壁が冷気を溜め込み涼しい室内を実現する真のエコ住宅となっております。

自由な『意匠性・施工性』で建築場所を選びません。

ブロック自体が型枠となるため、鉄筋コンクリート造(RC造)のように型枠を組んだり取り外す必要がなく施行が簡単で、隣地との距離に余裕が無いような狭いところ でも資材の搬入、建設が可能です。

寸法の調節が小単位なので設計の自由度が高く、面積の調整、不整地への対応が容易であるため、設計条件に適応した、自由できめ細かい環境 空間の創造が可能となり平面計画および立体的な自由さも可能となりました。

また、傾斜地を利用した建築や高額な施工費であった地下室などもローコストで実現可能としました。

 

★49.8万円の豪華仕様とNEWシリーズ★

 

Block-Styleの家創りに関して皆さんの疑問・質問・不安点を払拭いたします!

◎躯体構造について◎


Q1.300年の耐久性とありますがなぜRC造より長い耐久性能なのですか?

A1.RM造では、厳格な品質管理のもとでの高強度、高密度の型枠ユニットを使用しているために内部への浸水等を防ぐことができ、その中にあるコンクリートの中性化速度が極端に遅なるので鉄筋の腐食などがRC造より長い期間遅れることで耐久性を得ることが出来ます。コンクリートは中性化が進んでも強度には問題はありません。

Q2.鉄筋はどの程度の径を使用してますか?

A2.木造住宅基礎配筋とは比較にならない太さであるD16(直径16mm)~D22(直径22mm)の鉄筋を使用します。

Q3.震度どのくらいの強さがありますか?

A3.緻密な構造計算により震度7を想定した設計となります。阪神淡路、東日本大地震の際にも倒壊しなかった実例が多数あります。

Q4.コンクリートは熱を持つように思うのですが夏は暑いですか?

A4.19cmという分厚いコンクリートの壁で囲まれておりますので、外壁から熱はほとんど伝わりません。また七厘などにも使用されています熱伝導率が低い珪藻土を外壁面に標準施工しますので更に熱の伝わりを防ぎます

また、保温性、気密性が高いので冷房効率も良く、室内の冷気が外部に逃げにくくなっております。冬場でもわずかな熱源で家中が温まります。

Q5.躯体のコンクリートユニットは水が浸透しないとの事ですが具体的な実験データはありますか?

A5.コンクリートユニットを24時間水に付け込んだ実験では1cm程しか浸透していないという実験データがあります。更に撥水塗装を標準施工いたしますので更に浸透を防止する施工です。

Q6.コンクリートにも優劣があると聞きましたがどんなモノを使用してますか?

A6.宮崎県生コンクリート組合のものでJIS規格という認定を取得したコンクリートのみ使用しております。

◎外観外装について◎


Q7.外装躯体のコンクリートに壁材を施工する事は可能でしょうか?

A7.オーナー様の個性で多様なデコレーションが可能です。木張り、ガルバリウムの金属系、塗壁等お客様のご要望にお応えできます。

Q8.屋上、陸屋根の防水はどのようなものですか?

A8.国土交通省で定められた工法でマンション等と同じシート防水施工を行っております。

Q9.屋上を通常の三角屋根とし2階ベランダを広くする事は可能ですか?

A9.通常木造建築の屋根に施工することは可能です。

Q10.外壁面はそのままで防水効果はありますか?

A10.外壁面には水や汚れを弾いてくれる撥水塗装を標準仕様としておりますので防水効果は保証されます。

Q11.塀のブロックを想像するのですが違いはどんな点でしょうか?

A11.通常の塀で使用するブロックはブロック内部にモルタルを充填して施工しますが、型枠コンクリートユニットはコンクリートを充填します。また、ブロック自体も高密度で製作しておりますので表面がボロボロ剥がれることもありません。

Q12.組積のジョイントが弱いように感じますがいかがですか?

A12.型枠コンクリート1個に対して縦横1本ずつ太い鉄筋が入っております。また、内部は隙間なくコンクリートが充填されておりますので決して弱い事はなく問題ありません。

Q13.外壁が汚れた場合はどうすればいいですか?

A13.撥水塗料が防水膜を作っているので基本的には家庭用の高圧洗浄やデッキブラシのような柔らかい毛のブラシで水洗いが出来ます。汚れがひどい場合は、サンポール等を水で希釈し霧吹きで吹きかけてから清掃すると効果は大です。

Q14.硬殻ユニットのカラーは選べますか?

A14.硬殻ユニットのカラーバリエーションは、スタンダードなグレー、黒、赤、オレンジの4色ご用意しております。

◎内装について◎


Q15.室内への結露湿気はどうですか?またその対策は?

A15.当社は珪藻土を標準仕様にしておりますので調湿効果で湿気を吸ってくれます。

また、室内全室の空気を循環させる気調システムを標準搭載しておりますので結露湿気の問題を改善しております。

Q16.冬場は寒い感じがしますが?

A16.高気密住宅ですので一度温めた暖気が逃げにくい設計となっております。

家電量販店でエアコンの表記を見て頂くと鉄筋コンクリート住宅と木造の場合で温めることが出来る部屋の広さが違いますので、

それだけ鉄筋コンクリート住宅がエコで、省エネ、節約につながるかお判りいただけます。

Q17.珪藻土以外の選択肢はありますか?

A17.100種類を超えるデザインクロスはもちろん、型枠コンクリートを磨いたポリッシング仕上、石張り、モイス、木張り等お客様のイメージに合った空間演出が可能です。

Q18.コンクリートの壁には絵画などの設置は可能ですか?

A18.専用のビスを設置します。

基本的には設計段階でお客様が予め配置するものが決まっていれば建築段階で施工します。

お住まいになってからは、ホームセンターでも購入可能ですが工具等も必要になりますのでお気軽にご依頼ください。

◎設備について◎


Q19.屋上に露店風呂などは施工可能でしょうか?

A19.屋上に露天風呂も施工可能です。誰にも邪魔されない贅沢な空間創りをさせて頂きます。

◎金額について◎


Q20.木造でも坪単価50万円を超えるのに鉄筋コンクリートで何故この価格でできるんですか?

A20.一般的な鉄筋コンクリートでは、木製の型枠材料を使用する為、施工費・材料費が非常にかかるのに対し、

当社は安易で早く施工できる型枠ユニットを使用することで材料費や人件費を抑えることが出来るので坪単価49.8万円を実現しております。またPlanningや構造計算に至るまでも自社で実施いたします。

Q21.屋上が標準施工と聞きましたが建築費の坪単価には含まれていますか?

A21.坪単価49.8万円の中に屋上も含まれております。

◎その他◎


Q22.地下室を検討しているのですがどの土地でも大丈夫なんでしょうか?

A22.地盤調査を行わせて頂き、地盤に問題がないという判定であれば地下室も施工可能です。

Q23.木造と比べて建物の重量がありそうですが地盤の弱い土地には建てれますか?

A23.木造であれ軟弱地盤のままでは建築はできません。地盤の弱い土地では地盤改良工事を行った後に、施工しますので弱い地盤でも施工は可能です。

Q24.間口2間(3.6メートル)ほどで建物が隣接している狭小地ですが建築可能ですか?

A24.RM造では足場を設置しなくても施工が可能ですのでどんな狭小地でもご安心ください。

Q25.そんなに良い建築物なのになぜ建てている人が少ないんですか?

A25.平成15年に国土交通省から公布された新しい工法ですので知名度が薄く、皆さん知らなかったというのが大きな理由です。寒冷地の北海道や台風銀座の沖縄などで全国にRM造は普及し始めております。九州では福岡・大分では多数の実績も御座います。

Q26.アフターケアに対して教えてください。

A26.お引渡後、3か月・6か月・1年・3年・5年・10年と当社でお住いの状態を点検させて頂きます。

Q27.保証や万が一、外壁や屋上などから漏水した場合はどうなりますか?

A27.住宅瑕疵担保保険に加入しておりますので、10年間お客様の費用負担は無しで修繕可能です。また、10年後も当社にご一報頂ければ早急に駆けつけ、現地調査・応急処置・修繕工事をさせて頂きます。

Q28.日本の風土には木造住宅が最適と聞いたのですがいかがですか?

A28.以前の木造住宅は隙間だらけで、ある意味で風通しが良かったので「木の家」が最適だったかもしれません。現在のような気密性が高い住宅は高温多湿の気候には不向きです。また日本は昔から木材が豊富に手に入り安価で建設ができた資源的の背景もあります。今は温暖化・異常気象・スーパー台風など以前とはまったく気象条件も異なりますので現代では木造住宅の限界を迎えております。

Q29.木造でも耐震構造で建築確認がとれているとの話ですがいかがですか?

A29.構造計算等を行わない一般木造の場合は不安は払拭できません、震災時に鉄筋コンクリートの建物が避難場所として指定されているのがその強度の証です。

Q30.火災保険が比較的安いと聞きますが木造と比較してどれくらい安くなりますか?

A30.約半分の金額となります。例えば木造住宅が50万円場合、RM造では25万円前後となります。

Q31.ホームページに崖を削った施工が掲載されてますが実際に可能ですか?

A31.外壁で使用している型枠ユニットは、土留めの擁壁としても使用可能ですので多様な建築が可能です。

Q32.木造とのハイブリッド建築は可能でしょうか?

A32.1階部分をRM造、2階部分を木造というハイブリッド建築にも対応しております。

Q33.もっと低価格ローコストの補強ブロック造とありますが詳細を教えてください。

A33.外壁材を型枠ユニットではなく、補強コンクリートブロックいう材料に変更するだけで他の標準仕様に関しては変わりはありません。補強コンクリートブロック造でも構造計算で高耐震性能を保持できますので強度はまったく問題ありませんので木造と比べても数倍の強度を誇ります。
また、ブロックの厚さも同じく19cmのものを使用しますので高遮音性・高気密性にも変わりはありませんのでご安心ください。


その他にも詳しい資料をご用意しておりますのでお気軽にご請求ください

来社/打合せ予約資料請求土地探し依頼プランニング依頼予算について住宅ローンついて求人募集について協力業者募集についてエリアパートナーズについてその他